良い歯医者の選び方

記事一覧

2013年7月16日|

カテゴリー:選び方

歯の磨き方の指導をしてくれるか

歯のことを考えようとするとき、まず歯磨きについて考えることがいいかもしれません。


だからこそ、歯医者選びのポイントとして、歯磨きの正しい方法を教えてくれる歯医者を選択することもいいかもしれません。


歯磨き、いわゆるブラッシングをきちんとすると、歯医者に行くことは少なくなるでしょう。そうすれば歯医者側の立場で言うと、あまりすすめることにはならないかもしれません。しかし、そんな患者さんの歯を第一に考えておらず、利益を上げることを優先するような歯医者なら選ぶべき歯医者ではないということでしょう。


賢い歯医者の選び方は、一番にポイントをどこに置くかということが重要になるでしょう。歯の治療技術などだけを見て決めるのか、あるいは歯の治療のみでなく、患者の歯のことに対して真剣に取り組んでくれるとかを考えることが必要なのかも知れません。


歯の磨き方など正しいブラッシングの仕方は、歯医者に限らず、いろいろなところで教えてくれるでしょう。もちろん、正しい磨き方を学んだからといって、全く虫歯がなくなるということはないでしょう。


今は、出来る限り歯を抜かない方向や、治療の痛みの負担をより軽くしようとするなど、それらを治療のポリシーとしている歯医者が多くなってきてるように感じるでしょう。これは患者の歯をなるべく残こすように、いつまでも健康な歯でいられるようにとの考えからなのでしょう。そのような考えを持ってる歯医者なら、選択の価値があるといってもいいのかもしれません。


ただ、もちろん実際に歯の治療を受けてみなければ、本当に選択が良かったとはわからないでしょう。


痛みなどが起こり、治療の必要が出てきてから歯医者を探すよりも、普段からどこの歯医者に行くかなどを決めておくことがとても必要なことなのかもしれません。

2013年7月10日|

カテゴリー:選び方

人気の歯医者とは

人気のある歯医者さんは、どんな点が人気の秘密なのでしょうか。


もちろん、誰もが歯の治療をしてもらうためなどで行く歯医者さんですから、用もないのに行くことはないでしょう。しかし、歯の治療目的だけでなく、現代では矯正やホワイトニングなどのために歯医者さんへまめに通う人も多いといわれてます。


では、歯医者の選び方の参考になることを考えて見ることもいいでしょう。まず、診察時間を遅くまで診療してるところは、とても便利でしょう。
特にサラリーマンやOLなどであれば、夜遅い時間まで診察してるところなら平日でも歯医者で診察してもらえるでしょう。普通ならわざわざ会社を抜け出したりして、歯医者に行かなくてはならないこともあるので助かりますね。


それから次に、アフターケアを大事にしてくれる歯医者さんもよいでしょう。一般的に、虫歯の治療などを行うことは当たり前になるので、評価の対象にはなりにくいでしょう。それよりも、これからいかに虫歯にならないようにするための歯磨き(ブラッシング)方法の指導や、定期的にクリーニングをするようになどのアドバイスなどが重要になるのかもしれません。


最近の歯医者さんの多くでは、痛くない治療や、なるべく抜歯しない治療、さらにインターネットでの予約なども一般的になってきました。


また、治療に関しての十分な説明をしてくれるというのも最近では当然となってるでしょう。今までそのように行われてなかったことが、そもそもおかしかったと考えていいかもしれませんよね。


もし、近所などに人気のある歯医者さんがあればいいですが、無い場合などは、少し足を延ばしてみるのも一つの手かもしれません。ただ、少なからず数回は歯医者さんへ通わなければならないので、ほどほどの距離にしておく必要もあるでしょう。


さらに、自分で歯医者さんに行って、その歯医者さんの雰囲気をチェックしてみることもいいかもしれません。選んだ歯医者が気に入らなかったとしても、自分が気に入らなければ別の歯医者さんへ変わればいいだけでしょう。

2013年6月 5日|

カテゴリー:選び方

歯医者を選ぶ時のポイント

日本歯科医師会に登録されている歯科医であるならば、ネットで情報を検索することが可能です。自分に合った歯科医の選び方としましては、まずはインターネットでの検索をしてみると良いでしょう。


本当のところ、歯科医というのは、たくさんあり、競争が激しくなってきているのだそうです。あなたの街にも思った以上に多くの歯科医があるということに驚くことでしょう。


もちろん、昔からある歯科医もあることでしょうが、新しくできた歯科医というのは、設備やサービスにおいて、既存の歯科医との差別化を図ろうとしています。そのため、歯医者の選び方といたしましては、どちらかといえば新しい歯医者のほうが良いと考えるべきでしょう。


しかし、全てにおいて新しい歯医者が良いというわけではないのです。あくまでも一般論と考えておきましょう。


たとえば、予約です。近年はインターネットを利用した予約ができるようになってきたそうです。歯医者に行って待たされるということが少なくなってきました。


さらに、歯科医にも専門分野というものがあります。通常の病院のようにその分野での治療しかできないというわけではないのですが、歯科医によっては得意なのと不得意な分野というものがあるようです。たとえば、小児歯科の先生というのは、入れ歯についてのことにはあまり経験がないと考えてよいでしょう。


それぞれの歯科医というのは、どのような特色を持っているかということをアピールしていけるはずです。それが自分の求めるものであるかどうかということを知らなければならないでしょう。小児歯科や矯正歯科、歯茎の治療についてなど、同じ歯医者と言っても行っていることは、全く違っているということです。


今までの歯医者のイメージというのが変わってきているということがポイントであると言えるでしょう。
歯医者の選び方というのが話題になるという理由はそこにあるのです。もう一度あなたの街の歯医者を選び直してみてはいかがでしょうか?

2013年6月 5日|

カテゴリー:選び方

歯医者を選ぶ時の基準

今の時代、どこにでもたくさんの歯医者が目立つようになってきているでしょう。
現代は、歯医者が供給過多になっている傾向のようだといわれているようです。

歯医者の立場では、経営面など厳しい時代かもしれませんが、歯の治療をしてもらう立場からは選び方をよく考えるチャンスかもしれません。

多くの人は、歯医者を選ぶときにどのような選び方を基準にしているのでしょう。

たぶん、一番ポピュラーな選び方としては、人気のある歯医者に行くことかもしれませんね。

自分のまわりの人の評判や噂など、身近な人たちの口コミに注意を払うほうがいいでしょう。
また、実際に自分が行った歯医者について、感じたことなどを記憶に残しておくことも大切かもしれません。

誰もが歯医者の必要性がある時は、虫歯や入れ歯などの歯科治療が必要になったというケースが多いでしょう。
そのような状況で、適切な治療をしてくれるかどうかが選び方の重要な判断材料となるのかもしれません。

ほとんどの人は、歯医者に行き、診察をうけることが数年に一度はあると考えてもいいでしょう。
もし、あなたの近所にいろいろな歯医者があるならば、このような機会に数か所を受診してみることもいいかもしれません。

最近では、小児歯科や審美歯科など特別な専門分野を掲げる歯医者も多くなってきてるようです。

しかし、大半の人が行くときは、一般的な通常の歯医者でしょう。
もちろん、自分でなく、子供のことがメインとなって受診するケースもあるかもしれません。

その歯医者は、どのような治療方針をポリシーにしてるのかなどを観察するのもいいかもしれません。

昔の歯医者は、すぐに歯を抜く方法をとったり、神経を抜くなどしていました。
また、治療費の明細などついても明細書を発行しないことが多かったようです。

最近では、そのようなやり方の歯医者は、患者が遠ざかる傾向にあるようです。
患者である多くの人が、そのような歯医者を敬遠するようになったからかもしれません。

必ずと言ってもいいくらいに、患者から人気のある歯医者はそれなりの理由があるのでしょう。

接客がていねいで、親身になってくれて、歯のことを詳しく説明してくれる歯医者に好感が持つ人が多いでしょう。

2013年6月 5日|

カテゴリー:選び方

治療途中で歯医者をかわること

歯医者の選び方といっても、それほど大げさなものではないのです。自分でどこの歯科医に通うかということを決めるだけだからです。


虫歯の治療の途中であったにしても、歯医者を変更するということはできるのです。通常の歯医者さんであれば、治療が途中になっているということくらいは分かるからです。もちろん、そこでは改めて初診料をとられてしまうことになってしまいますが、それは諦める必要があるでしょう。


もちろん歯の治療というのは、的確にやってもらう必要があるのですが、十分にその後のケアを丁寧に行ってくれるという歯医者さんが良いですね。歯の痛みが途中でなくなってしまうと、すぐに歯医者通いを止めてしまうという人が多いのではないでしょうか?途中で止めてしまうということの弊害に対して歯医者さんは本当に十分説明を行っているでしょうか。


治療の中身についての説明がほとんどないケースもたくさんあるそうです。そのようなときは、積極的にこちらから質問をする必要があるでしょう。それを快く思わないというような歯医者さんであれば、そこはすぐにやめて、他のところを探したほうが良いかもしれません。そうしないと、後から後悔することにもなるかもしれません。

2013年6月 4日|

カテゴリー:選び方

歯医者の活用

あなたは、どのような時に、歯医者に行くでしょうか。無論、虫歯などにより、歯が痛いというときには、間違いなく歯医者に行くことでしょう。


しかし、自覚症状が全く無くても、定期的に歯医者に通って検診をしてもらうということは、とても大切な事だと思います。歯医者の選び方としては、定期的なお手入れをするための歯医者を選ぶということでも良いでしょう。つまり、歯の治療だけというわけではなく、その後のアフターケアというのも大事であるということです。


歯の治療のやり方ということについても、歯科医によって変わってくるということもあるでしょう。選び方の基準としては、歯の治療のことについて、十分な説明を行ってくれるのかということや、できるだけ神経や歯を抜かずに治療を行ってくれるのかということが大切なポイントということになるでしょう。


看護婦さんの対応が良いということについても選択肢の一つとして、いれておくのもいいと思います。さらに、どのような歯科医においてもそこは一つの職場なのです。そのため、その職場についての雰囲気というものがあります。その雰囲気というものは、治療そのものよりも大切な事かもしれません。
大切なのは、定期的な歯のチェックをしてほしいと思える歯科医かということです。

比較するために様々なサイトなどがあるでしょうが、そういったことというのは、参考でしかないのです。自分で実体験して感じるしかないのです。


歯の技術的なことや、設備などの充実などということについては、専門的なことであるため、あまりわからないという人も多いでしょう。ですが、これからの時代は、歯科医を選ぶということがとても大切です。

自分の歯をたくさん残しつつ、生涯を幸せに過ごすということがとても大切な時代になってきつつあるのです。大切な歯のケアというのを、信頼できる歯医者さんに任せた方が良いとは思えないでしょうか?


歯医者はどこでも良いというのでは、あとで後悔することにも繋がるかもしれません。じっくりと良く考えて選んでみてはどうでしょうか?

2012年8月 6日|

カテゴリー:選び方

歯医者の比較

インターネットから比較サイトなどを利用して歯医者の選び方の方法を紹介しましょう。


まず、歯医者の選び方のポイントとして、自分が歯医者で、どのような治療を受けようと考えているのかをはっきりしておくことが大切かもしれません。


歯医者の場合は、一般の病院と違って緊急性が高いケースなどは、ほとんど少ないでしょう。だからこそ、自宅から通える距離にある歯医者をじっくりと選ぶことができるでしょう


インターネットの比較サイトでは、もちろん近く以外の日本中の歯科医のデータが掲載されているでしょう。自分が住んでいる地域の中で、今まで知らなかった、どんな歯医者があるのかを知ることができるかもしれません。


特に、どこが歯医者が良いのかと選ぶことが無い人でも、あらかじめ日にちや時間の予約ができるとか、診察の時間が遅くまでやっているといったその歯医者自体の特色を掲載してる歯科医も多くなったので、それらの内容などを比較することはいいかもしれません。


歯科医の、歯の治療という技術的な面の高さは、もちろん大事なことでしょう。しかし、治療のやり方などの優劣を、歯科医でない一般の人が決めることは困難かもしれません。だから、その歯医者の雰囲気や、歯科医の対応の仕方などで比較することになるのでしょう。


また、最近の歯科医はその歯科医個人の専門分野に特化したところも多くなってきたようです。そのような歯科医の場合は、一般的な通常の治療にはあまり期待しない方がいいのかもしれません。それは、矯正歯科を専門とする歯科医は矯正については詳しいですが、通常に治療する虫歯の治療などには、経験がほとんどないというケースも多いようだと言われているようです。


現代は、歯科医の数が増えすぎているといわれているようです。そんな状況でも、新しい歯医者ができているのですから、ますます競争は激しくなるのでしょう。歯医者も、そんな中で生き残るために様々なサービスを考えているのでしょう。

2012年7月30日|

カテゴリー:選び方

歯医者の評判を調べるには

歯医者の評判を知りたい人は、インターネットの口コミサイトで見るのもよいでしょう。


ただ、ネットのサイトは匿名性が高いため、誰もが何も気にすることなく好き勝手に悪口を書き込むようなところもあります。そうなると、これらが歯医者の選び方のひとつの方法として役に立つとは考えにくくなるかもしれません。本当の評判のいい歯医者を選ぶには、そのような口コミではなく、自分の知り合いなどの情報など参考にして選んだほうがいい方法なのかもしれません。


もちろん、歯医者の選び方に決まった方法があることはないでしょう。一番は歯医者の選び方のポイントを押さえておくことが大切なのでしょう。


私達、患者の立場で、悪い歯医者とよい歯医者とはどのようなことなのかを知っておく必要があるようです。ほとんどの人が歯医者に行った経験があるにもかかわらず、人気がある歯医者とそうではない歯医者が極端に分かれることが無いのはどのような理由からなのでしょう。


大多数の人は、歯医者にかかる場合、基本的に自分の近所で通いたいと考える人が多いでしょう。
街全体ではたくさんの歯医者の数があっても、自分の身近にある歯医者を選ぶとなると数的には限られてくるでしょう。


今、日本全体をみて考えたとき、歯医者の数は多すぎるようです。数が多いため、歯医者の経営も厳しく、歯医者自体でいかにして患者さんを増やしていくかが課題となってるのかもしれません。そのような状況の中で、悪い歯医者が多いなどの口コミ情報は、偏った見方なのでは?と疑問に思う人も多いでしょう。みんな個人個人で、様々に好みがあるでしょう。


さらに、歯医者での看護士などスタッフの対応などでも、好みが分かれるひとつになるでしょう。もちろん、どんなすべての人が満足でき、納得できるような歯医者はないでしょう。


そう考えると、患者の半分程度の数の人が、その歯医者へ継続的に来てくれるだけでも良いと感じるのかもしれません。それほどに、歯医者の経営状況は他のものに比べると楽なほうなのかもしれません。実際に、歯医者さんは金銭的に利益をあげているのでしょうか。

2012年7月28日|

カテゴリー:選び方

痛くない歯医者

歯医者の選び方として、その歯医者ではどのような治療方法があるのかがひとつにあるでしょう。


大体の人は、昔から歯医者は痛いものだと言うイメージがあるかもしれませんね。しかし、最近の歯医者は痛くない治療を優先にして、そのことを目指しているところが多いようです。歯科医は、患者が嫌がることや不快になることをなるべく避けるようにしてるようです。


また、私達の歯医者の選び方が変わってきたということも言えるかもしれません。最近の歯医者は、治療の内容を十分に説明したり、その人に対してどのような治療ができるかを、患者の立場になって考慮してくれるようです。


そのことから、言い換えれば今までの歯医者での内容が間違っていたのかもしれません。当然、歯の治療をしてもらうのは患者だからこそ、患者のことを優先に考えてもらうことが普通なのです。それでも、実際のところ、今でも高飛車な医師がいることも事実かもしれません。だからこそ、歯医者の選び方を慎重に考えることが必要なのでしょう。


誰でも、急に虫歯が痛くなったときなど、歯医者選びをすることはできないでしょう。それを踏まえて、時間の余裕のある時に選んでおくことが大切かもしれません。


どこの歯医者がいいかなど、人の噂だけでは分からないでしょう。虫歯はなくても、歯の健康診断のために一度行ってみることがいいかもしれませんね。そうすれば、その歯医者がいい感じかどうかなどチェックできるでしょう。


また、あなたがこれから歯医者をと考えているのならば、なるべく痛くない歯医者を選ぶことでしょう。いつかは痛くないことが、当たり前になるでしょう。


さらに、思い当たる人もいるでしょうが、歯医者に入ると、その歯医者の治療方針などが掲示されています。その治療方針と合ってるかどうかなどを見極めることで、その歯医者を評価することもいいかもしれません。


どの地域でも、歯医者は人口に対して数が多すぎると言われているところが多いようです。歯医者もビジネスだからこそ、利益を上げるために患者さんに、たくさん来てもらわなければなりません。そう考えると、私達、患者にとってはいい時代になったのかもしれないですね。

2012年7月27日|

カテゴリー:選び方

外為ジャパンを紹介